【2018横浜クラス第29回レッスンリポート】

2018年12月12日(水) 17:30-18:40

 

 ■小学3年ー5年生クラス

今回は先週課題だったメイクラインのドリルを中心にやりました。なぜ深さが必要なのかを質問すると「ディフェンスに早く捕まってしまうから」「スピードを出すため」と分かっている様子でした。外側のあいているスペースにボールを運ぶために、深さが必要であることを再確認しドリルをやりました。ドリルは、実際にはグラウンドにコーンは置いてありませんが、深さの目安としてコーンを置いて、そのコーンを回ってから前進する方法です。そのことを意識してもらいながら最後のゲームをやりました。パスもよく繋がり、外側のスペースを活かした良いトライがいくつもありました。一つずつ課題をクリアしながらやっていきましょう。

 

1、アップ  ライン上オニゴッコ

2、ダイナミックストレッチ

3、メイクラインドリル2人から5人+ディフェンス2人

4、ゲーム

 

メインコーチ 小森

 

■小6ー中学生

アップではキックと3対2を行い、その後はゲーム。今年も残り2回なので、ゲームではあまりごちゃごちゃと言わず、指導者として彼らの成長を確認しました。これまで様々なハンドリング練習をしていますが、成長した様子が随所に見られました。特に小学6年生は年度のはじめは中学生がかなり手加減しながら行っていましたが、もうその必要性がないほどに成長してくれました。中学生も歴代の在校生と同様、みんなスキルのあるプレーヤーの成長してくれています。来週は今年最後ですので楽しくゲームをして締めくくりたいと思います。

 

1、ボールハンドリング

2、3対2タイムバトル

3、ゲーム6対6

 

メインコーチ 川合